ジャングルの中で

12月も半ばというのに最高気温24度、

過ごしやすいです。

南東の風が吹いています。

突然ですが、

当事務所兼住宅はこんな場所にあります。

3年前、事務所兼住宅にできる貸家を沖縄南部、玉城で探していたところ

近所の陶芸家の方が紹介してくれました。

家の周りには ガジュマル、ユウナ、モクマオーなどの大木が数本

その下には 黒木、ドラセナ、ゲッキツ、ゲットウ、ソテツなどの中低木、草

今年はなりませんでしたがマンゴー、など

もう ぎっしり繁殖しています。

対岸の奥武島から見ると、集落の中でこの家だけがこんもりと緑に覆われています。

近くに住んでいる大家さんはとっても植物好きの方で

ガジュマルなどは家の基礎を持ち上げてしまうと

庭木としては嫌がられることが多いですが

今まで伐採せずに残っています。

12月というのに元気に蚊は飛び回っていますが

台風の時はこの木たちが守ってくれています。

昼間でも家の中は暗いですが

月桃の葉でおにぎりをつつんだり、シークァーサーを絞ったり

楽しんでいます。

庭にささっとバジルでも植えることができれば

一人前に一歩近づきそうです。

思い返すと

もともと、自然の中で暮らしたかったわけでもないのにな~

と、しみじみ思った日曜日です。

海だって見えます。